病院勤務での時間の有効活用

女性にとって、看護師になって病院に勤めるというのは仕事の選び方としては花形の一つであり、多くの人が憧れるものです。女性の活躍が社会的にも求められている現場であり、患者を助けるというやりがいに溢れた現場で働くことができるというのが大きな魅力となります。
病院に勤める看護師にとって、夜勤が大きな負担になることは否めません。普段は昼間に勤務していて、ある日突然夕方から明け方の勤務になるというのは身体のリズムを大きく乱すことになります。それに加え、体力的にも精神的にも負荷がかかってしまうことは否めず、夜勤がつらいという看護師は多いのが実情です。夜勤の際には、その前後に幾分の休息時間があり、その時間を他の人は働いているけれど自分は自由に使える時間だからと、何かに有効活用しようという人も大勢います。しかし、その考え方を改めることは、夜勤がつらいという認識を変えるのに役立つでしょう。確かに、夜勤という負担の大きなことをしているので、そのストレスを発散するために、他の人にはない時間をうまく使って喜びを得たいというのは事実かもしれません。しかし、それによって余計に体力的な負担が生じてしまっているのは事実です。その時間を、眠れなくとも寝て休むという時間にすることによって、体力的な負担を大きく軽減することができます。たとえ眠れなくとも身体は休まるので、まずは横になって身体を休め、夜勤によって減ってしまう体力を補う努力をするということが、本当の時間の有効活用なのです。

Leave a Reply