夜勤がつらい人と夜勤をよしとする人

夜勤のある仕事は体力的な負担が大きくなりがちであり、若いうちには頑張ることができても、だんだんと歳を取ると共に夜勤がつらいと感じるようになってきます。しかし、夜勤に対する考え方には二通りあり、こういった負担があるから仕事自体がつらいと感じるようになってしまう人が多くを占めるでしょう。一方で、夜勤があることによって手当がでるため、頑張ればより年収が上がるということをよしとする人もいます。夜勤がつらいという人にとってはより高いパフォーマンスで仕事をするということが優先されるのに対し、手当に注目する人は年収の高さが体力的負担に優先しているのです。こういった二種類のニーズがあることが様々な業界で認識されてきたことにより、うまく時間を分担して働けるようなシステムを導入する業界が増えてきています。
夜勤を専門とする人材を雇用することにより、日勤専門の人材と仕事を分担するようになっているのです。そういったシステムは、コンビニやレストラン等の24時間営業をするアルバイトのシフト制で以前から行われてきていました。しかし、病院や介護施設のような仕事場でも回り持ちをするのではなく、専任の人材を雇って夜勤をまかなうようになってきています。こういった状況があることから、夜勤がつらいと思う人は日勤専門になって働くことが可能です。一方で、より稼ぎたいという人は夜勤専門となって手当をもらいながら働くことができるというように、両者の需要が満たされるようになってきています。

Leave a Reply