看護師なら絶対に思うこと

看護師は、病院で働いている人が多いですね。その病院に入院施設があれば、病院内に24時間休みなく患者がいることになります。そして、患者がいればそれを看護する看護師が常時勤務していなければなりません。看護師は、昼も夜も交代制で勤務しなければならないのです。
看護師は、同性代の女性に比べると国家資格を持っている分、女性の働く職場として確立されたものがあります。また、ハードな仕事をしなければいけないので、給料や手当などが他の職種に比べて少し高く設定されています。夜勤の回数をこなすと、それだけ夜勤手当として給料に上乗せされ、収入も増えてきます。しかし、夜勤というのは、急変などがあると休憩が取れないほど忙しくもなりますし、精神的な疲労もたまります。また、昼間寝て夜起きて仕事をするということも、生活リズムが崩れたりして体に不調をきたすこともあるのです。そのために、みんな自己管理に気を付け、時間がある時には自分のメンテナンスをしています。夜勤を続けて一旦リズムが崩れると、夜勤がつらいと考えてしまう看護師は少なくありません。その考えはモチベーションの低下にもなりますし、転職を考えてしまうきっかけになることもあります。
夜勤がつらいと思った時には、しっかり休養を取ることが大切です。可能であれば勤務の間にゆっくり休息をとったり美味しいものを食べるなど、身体的にも精神的にもストレスを開放し、休息を取ると体に元気が戻ってくることを実感できるでしょう。夜勤がつらいと思った時はこちら***これでOK!夜勤攻略法***

Leave a Reply